甲状腺機能低下症が原因の薄毛

様々な原因の中でも、甲状腺機能低下症が原因の薄毛は甲状腺ホルモンと同じ成分の薬を服用することでほぼ治ることが知られてきています。
薬は飲み続けることが基本ですが一過性の場合や、症状の改善状態によっては薬を休止するケースもあるようです。

 

ちなみに、甲状腺機能低下症による薄毛の男女比は1対3と圧倒的に女性に多いようですが、男性にも見られる病気なので、気になる場合は早めに病院に相談しましょう。

 

甲状腺機能低下症による薄毛で悩んでいる方は、薄毛女性の10人に1人の割合だそうですから、可能性は低くないですよね。

 

もしも以下のようなことに心当たりがあるなら、あなたの薄毛は甲状腺機能低下症によるものかもしれませんので、一度かかりつけ医などで血液検査をしてみると良いです。

 

 

甲状腺機能低下症による薄毛の特徴

  • 1日あたりの抜け毛300?400本以上
  • 目や口まわりのむくみ (手で押しても戻らないくらいかたいことも)
  • 疲労感
  • 太る

 

73歳 女性
薄毛の時期:52歳から薄毛に悩み続けていました
症状:毛が抜ける
    顔にむくみがある
    体重が増加

 

54歳 女性
薄毛の時期:45歳から薄毛に悩む
症状:毛が抜ける
    疲労感
    気力が出ない

 

かかりつけ医というけれど、これまで病気らしい病気はしたことないしどこの病院へ行けばいいのか分からないわ・・・・?

全国展開している女性も対応している発も医療外来のクリニックや植毛の
クリニックが専門家ですから良いかもしれませんね。

 

様々な観点から薄毛の原因を見つけ適切な対策が施せますから安心です。

 

 

男性、女性、双方に起こる薄毛のお悩みを解決するには
血液検査のできる全国展開の発毛医療外来がおすすめです。

 

詳細はこちら

甲状腺ホルモンとは・・・

悩んでいる(深刻

甲状腺ホルモンの働きは主に、

 

  1. 体温を維持する
  2. 皮膚を再生する
  3. 髪の毛を元気にする
  4. 心臓を元気にする
  5. 骨をつくる
  6. 血液をつくる

 

などで、減少すると心臓や血液など生命維持機能に優先されることで髪の毛へのホルモン供給が少なくなり薄毛の症状をもたらします。