大豆イソフラボンとカプサイシン

大豆イソフラボンが最近注目されていますが、何年か前に育毛にも効くとかなんとかって新聞で読んだような気がするんですよね。
確か九州の法の大学の教授が発表した大豆イソフラボンの研究結果だったと思います。
いや、別にイソフラボンっていうだけで、大豆から取れるものとは限っていませんでしたね。
イソフラボンというのは植物性ポリフェノールの一種ですが、大豆の胚芽に非常に豊富に含まれているところから、大豆イソフラボンが広く知られるようになったみたいです。
なので、どうしても大豆を沢山食べなければならないという訳ではないんだろうけど、豆腐や納豆などの大豆製品は比較的摂取しやすいですよね。
特に日本人は味噌汁が好きだから、イソフラボンの中でも大豆イソフラボンはなじみも深いんだと思います。

 

大豆イソフラボン自体が育毛効果を発揮するというのではなく、カプサイシンを一緒に摂取すると発毛するかも知れないというような記事だったはず。
嘗て、私が読んだ大豆イソフラボンと育毛に関する新聞記事はね。
カプサイシンは唐辛子などに含まれている辛味成分で、もともと血行を善くしたり、代謝を促したりする作用を持っているんですよね。
でもって、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た物質だから、しっかり刺激を与えて、優しくしてあげる。
カプサイシンとイソフラボンのコンビがいいのはそんな関係が出来るからなのかなぁ。
詳しい事はよく解らないけど、カプサイシン&大豆イソフラボン配合と書かれた育毛剤や発毛剤はよく見かけます。
やっぱセットで摂取すると髪にいいのは間違いないみたいだから、豆腐たっぷりのチゲ鍋なんかは最高の育毛食ですよね。
大豆イソフラボンとカプサイシンを常に沢山摂取している韓国の人は、薄毛に悩まされる事なんてないのかなぁ。

 

大豆イソフラボンが近頃人気になって来て、それに関する情報が沢山入って来るようになりました。
中には、カプサイシンと大豆イソフラボンを一緒に取ると体に善くないという話もあります。
だったら、今出ている育毛剤や発毛剤の中にはかなり危険なものも多いんじゃないのって思わなくもないですけどね。
でも、大豆イソフラボンに関する研究は、まだまだ初期段階、曖昧な情報も少なくありません。
例えば、イソフラボンを取りすぎると逆に病気になるという発表もされているみたいですしね。
かと思うと、人が1日の食事で取れる大豆イソフラボンの量なんて僅かなんだから、気にする事ないという話もあります。
まあ結局、こうした健康食品はバランスと自分の体質や体調を考えて摂取する事が大事という事になるのでしょう。
大豆イソフラボンとカプサイシンで育毛効果を実感している人は沢山いるようです。
ブログやサイトを読んでいると、取り敢えず試してみる価値はありかなぁっとは思っています。
実はね、近頃急に紙が薄くなり始めて、それでその大豆イソフラボンとカプサイシンの新聞記事を思い出したんですよね。